ホーム > 仕事 > 配偶者ビザの不許可事例

配偶者ビザの不許可事例

私が外国人の妻と結婚するに当たって、事前にインターネットでどのような書類が必要か調べていた際に、配偶者ビザ取得のハードルが想像以上に高い事を知りました。
ここで配偶者ビザとは、国際結婚した場合に外国人配偶者と日本で一緒に住むための在留資格として必要なビザであり、結婚ビザなどとも言われている物です。

調べてみると、なんでも入国管理局に半年以上連絡を放置され、結局不許可となった事例もあるようです。私は行政書士さんにお願いします。それならばその手のプロに任せたほうが早道だと思い、評判のいい行政書士事務所にお願いしました。書類集めこそ手間取りましたが、その他の経緯は驚くほどスムーズに進み、見事一ヶ月程度で取得する事が叶いました。


タグ :