ホーム > 生活 > 注文住宅を建てたいと思っていた

注文住宅を建てたいと思っていた

家を建てようと思っていた時期がありました。

当時は貯蓄がほとんど無かったのですが、ローンを組めばいいかなと単純に考えていました。

そこで近くに工務店に行ったのですが、頭金無しで建てるのは無謀だからやめておいた方がいいって言われてしまいました。

聞いたところによると、同じように資金全てを住宅ローンに頼って家経てたのはいいけれど結局支払えなくなってしまったというケースが多いそうです。

頑張れば大丈夫だと思っても、長期間頑張るのは難しいのと、不景気や終身雇用が崩れて来ている影響もあって現在の収入を長期間維持できるかどうかわからないからです。

僕も言われてみればそのとおりだと思って帰ってきました。

で今現在に至るわけですが、その工務店は数年前に廃業してしまいました。

倒産では無いようですが、今はやっていないようです。

無謀な挑戦を思いとどまることができたので、その工務店には感謝しているのですが、もし家を建ててもらっていたらアフターケアなどに支障があったことを考えると複雑な気分です。

最近は相見積もりが主流になっているようです。

複数の住宅メーカーに見積もりをしてもらって、いいところにお願いします。

注文住宅を建ててもらう会社の選択方法は基本的に、信頼できるところを選ぶのが一番いいのです。

でも信頼できるかどうかを短期間で判断するのはとても難しいことです。

うちは相見積もりはお断りしています。うちを信頼して任せてくれる人だけでいいのです。って言っている会社があるけれど人の信頼は簡単に得ることはできません。

信頼できるかどうかを相見積もりを通して判断したいという人達を最初から除外するという姿勢は、つまり、信頼される為の努力を放棄しているということです。

さらにうがって見方をすると、建てる家も全て信頼して任せろと、口を出すなと言われているような気がします。素人が下手な事を言うと機嫌を悪くしそうで何も言えません。

うちは家を建てることに自信がありますから、どうぞ他の会社と比べて見てくださいって方が潔いし、好感が持てます。

なので注文住宅を建てるときは相見積もりをした方がいいです。

見積もりしないで注文住宅の資料だけ請求する方法


関連記事

  1. ライバル店の動向が気になる者です

    私は飲食店を経営している者ですが、競争が非常に激しい界隈であり、近隣ライバル飲食...

  2. 養育費が入らないために借金。しかし返せなくて生活できず・・・。

    旦那と別れて、子供と二人で生きていこうと決心したのは3年前のことです。 &nbs...

  3. 注文住宅を建てたいと思っていた

    家を建てようと思っていた時期がありました。 当時は貯蓄がほとんど無かったのですが...